SPINNING

THE MAGNIFICENT (ザ・マグニフィセント)


まさに2011年最高のメロディアス・ハード・アルバム、ここに出現!  
 
 

THE MAGNIFICENT
(ザ・マグニフィセント)


 

THE MAGNIFICENT is
Michael Eriksen / Vocals
Torsti Spoof / Guitars、Key

ノルウェーのプログレ・メタル・バンドCIRCUS MAXIMUSのシンガー、マイケル・エリクセンとフィンランドのへヴィ・メタル・バンドLEVERAGEのプロデューサー/ギタリスト、トースティ・スプーフにより、名門フロンティアーズ・レコーズが送り出す新プロジェクトとして2011年に結成。ユッカ・カリネン(Key)、サミ・ノールバッカ(B)、ロルフ・フィルヴ(Ds)をサポートに迎え制作された本作は、自身の他にペッカ・ヘイノ(BROTHER FIRETRIBE、LEVERAGE)らによって書き下ろされた楽曲を収録。優れたヴォーカル&ギターパフォーマンスと相まって、究極のメロディアス・ハード・アルバムといえる傑作に仕上がりました!

FAIR WARNING、ZENO、LAST AUTUMN'S DREAMあたりが好きな方にはぜひオススメしたい、日本人の感性にまさにド・ストライク!な美メロ、メロハー満載!

澄み渡るハイトーンヴォイスと分厚いコーラスワーク、テクニカルにしてメロディを極めたギターパートに彩られた2人の完璧なパフォーマンス、高品質のプロダクションと相まって、どこを聴いても堂々とした完全メジャー級のアルバム!

数々のメロディアス・ハード系の新プロジェクトを送り出す名門フロンティアーズ・レコーズの中でも、WORK OF ART、TOBY HITCHCOCK辺りのレベルをも超えた2011年最高の作品がこのTHE MAGNIFICENT!

作曲面ではペッカ・ヘイノ(BROTHER FIRETRIBE、LEVERAGE)、トミ・ニクライネン(BROTHER FIRETRIBE)、トゥオーマス・ヘイッキネン(LEVERAGE)、マッツ・ハウゲン(CIRCUS MAXIMUS)、キンモ・ブロム(URBAN TALE)等が提供した楽曲を厳選!

日本盤には素晴らしい美旋律炸裂のボーナス・トラック1曲収録!


インフォメーション

  • アルバム『ザ・マグニフィセント』が、METALLION誌 Vol.45「メロディック・ロック必聴盤ガイド112枚」に選ばれました!
    METALLION Vol.45 (2013年3月15日発売)
    「ノルウェー産プログレ・メタル・バンドCIRCUS MAXIMUSのマイケル・エリクセン<vo>とフィンランドのメタル・バンドLEVERAGEのトースティ・スプーフ<g,key>によるプロジェクトのデビュー作。過去にKAMELOTのロイ・カーンの代役を務めたことでも抜群の歌唱力を立証済みのマイケルと、プロデュース等でマルチな才能を発揮するトースティ故、高品質の楽曲、サウンドが満喫できる。特に、心地好いキャッチーさと絶妙なコーラス・ワークを駆使したBは全盛期のTNTをも彷彿とさせ、思わず笑みがもれる程。欧州のウェット感とアメリカンなアカ抜け度のバランス感覚が見事に融合、マッツ・ハウゲン(CIRCUS MAXIMUS)、キモ・ブロム(URBANTALE)等の作曲陣営も含め、マニアは必聴。」(北井康仁氏)

  • インタビュー情報です!
    ヤングギター誌の公式WEBサイト「ヤングギターWEB」にギタリスト、トースティ・スプーフのインタビューが掲載されました。ぜひご覧ください!
  • BURRN! 2月号にインタビューが掲載!
    BURRN! 2月号(2012年1月7日発売号)にて、「ハイ・クオリティな北欧美旋律ハード・ポップを聴かせるニュー・プロジェクトが注目の1stアルバムをリリース!」と題して、ザ・マグニフィセントのインタビューが掲載されています。ぜひご覧ください!
  • 「ロックうた王国↑」にて、着うた&着うたフルを配信中です!
    ぜひゲットしてください!

    着うた:http://f.rock-uta.jp/cgi-bin/contents.cgi?kw=02722(携帯用)

    着うたフル:http://f.rock-uta.jp/cgi-bin/contents_full.cgi?kw=03332(携帯用)
  • アルバム『ザ・マグニフィセント』がYOUNG GUITARで紹介されました!
    YOUNG GUITAR 2012年1月号(2011年12月10日発売)
    「ノルウェーのプログレ・メタラー:サーカス・マキシマスのマイケル・エリクセン(vo)と、フィンランドの重厚ハード・ロッカー:レヴェレイジのトースティ・スプーフ(g)がコラボするスカンジナヴィアン・メロハー・プロジェクトの1st。良質のメロディーを洗練されたアレンジで聴かせるという基本線は一連の"フロンティアーズ"発プロジェクトと同様だが、往年の北欧メタル / ハードロック勢に通じる叙情味の強さが一際耳を惹く。マイケルの歌唱が無難に収まっている気もするが、絶妙に構築されたトースティによるソロ・ワークの極めて北欧的なフィーリングが、すべてを帳消しにするほど素晴らしいので問題なし!」(羽田幸一氏)
  • BURRN!レコード・レビューで、91点を獲得!
    BURRN! 2012年1月号(2011年12月5日発売)
    「KAMELOTのライヴでロイ・カーンの代役を務めたこともあるCIRCUS MAXIMUSのマイケル・エリクセン(vo)が、LEVERAGEのトースティ・スプーフ(g)と組んだプロジェクト。作曲はC.MAXIMUS、LEVERAGE、BROTHER FIRETRIBEのメンバーらが手掛けている。その顔触れからある程度のメロディック・ロック作品は期待出来るわけだが、その予想を大きく超えた強力なアルバムだ。初期のGLORYやMASQUERADE、全盛期のTNTなどを連想させる北欧美旋律ハード・ポップで、Voの上手さと声質のポップな魅力は周知のとおり。Gも結構ピロっていてエキサイティング。おまけにプロダクションが素晴らしいときた。メロディ愛好家は借金してでも買いなさい。ナイスなボートラ⑬が入った日本盤をね。」(藤木昌生氏)
  • Rockポータルサイト、WeROCKCityでTHE MAGNIFICENTが紹介されました。ぜひご覧ください!
    本年度最高の旋律美をご堪能あれ!THE MAGNIFICENTが織り成す、珠玉の音世界。